Denen blog

株式会社電縁の社員によるブログです。

CentOS 7 のサーバに go-ethereum をインストールしてみた

f:id:yasuaki-sakai:20170405150908j:plain

こんにちは、イノベーションオフィスの吉田です。

普段は Ethereum を利用する際は Ubuntu を使う事が多いのですが、先日 CentOS 7 のサーバにインストールする機会が有ったのでご紹介させていただきます。

 

Go言語のインストール

まずはGo言語のインストールです。

go-ethereum の make には golang の 1.7 以上が必要なのですが、 yum では残念ながら 1.6 しかインストールできません。

というわけでバイナリ版をダウンロードしてきて利用したいと思います。

Downloads - The Go Programming Language

上記サイトからOSバージョンに合ったファイルをダウンロードしてきます。

今回は「go1.9.linux-amd64.tar.gz」を利用します。

# cd /usr/local/src
# wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.9.linux-amd64.tar.gz
# tar vxzf go1.9.linux-amd64.tar.gz
# mv go ../

ダウンロード・解凍し、 /usr/local 以下に配置しました。

次にパスの設定を行います。

# vim ~/.bashrc
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin
export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

# source ~/.bashrc

バージョンの確認が出来ればOKです。

# go version
go version go1.9 linux/amd64

 

go-ethereum のインストール

続いて go-ethereum のインストールですが、その前に必要なものをインストールしちゃいましょう。

# yum install gmp-devel git

続いて go-ethereum のソースを落としてきてコンパイルします。

# cd /usr/local/src
# git clone https://github.com/ethereum/go-ethereum
# cd go-ethereum
# make geth
# sudo cp build/bin/geth /usr/local/bin

geth コマンドが通るように /usr/local/bin にコピーしました。

ここまでくれば後は普通に使えますので、以前の記事等を参考にしていただければと思います。

denen.hatenablog.com

denen.hatenablog.com

denen.hatenablog.com

 

最後に

CentOS 7 なら epel リポジトリを追加すれば 1.7 以上の golang もインストール出来るはずなのですが、私の試した環境ではダメでした。

というわけでバイナリ版を使う方法をご紹介させていただきました。
誰かの助けになれば幸いです。

それでは。

 

書いた人:イノベーションオフィス 室長 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

DEN-CUPに参加しました

こんにちは!1年目の大平です!

 

毎年恒例の電縁最大のイベント、DEN-CUPに1年目にして参加することができたので、こちらに活動報告をしたいと思います。

 

DEN-CUPとは

皆さんご存知だとは思いますが、DEN-CUPとは電縁の社員と付き合いのある方々と年1回開催されるゴルフコンペのことで、社長をはじめ役員の方も参加するかなりの一大イベントとなっています。

その一大イベント、何事もなく終わるということがほとんどないらしく(今回も色々とありました)、かなり楽しみにして参加した大平でございます。

 

DEN-CUPの流れ

会場は、群馬県にある「高山ゴルフ倶楽部」

 

↓しっかり名前が載っています

f:id:yasuaki-sakai:20170919172853j:plain

 

当日、様々な事案が重なり、時間通りに集まることができた人だけでとりあえず開始することに

開始の挨拶を終えてから、グループごとにラウンド開始しました。

 

↓開会のショットは大平が打ちました。いいスイングです。

f:id:yasuaki-sakai:20170914145148j:plain

 

ラウンドが終わってからは、お待ちかねのバーベキューです!(こっちの方がメイン?)

諸事情で遅れたS藤さんもここで合流し、バーベキュー開始。

差し入れも合わせ、お酒の量はかなりのものに。見たことないお酒もちらほら。

いい感じにお腹も満たされた頃、ゴルフコンペの締めとなる表彰式が始まりました。

 

ドラコン賞、ニアピン賞の発表。これらを獲得した人はいっぱい飲ませてくれます。

 

順位が上がるにつれ盛り上がっていき、社長が表彰された時や1位が表彰された時には大盛り上がりでした

あれだけあったお酒も一瞬でなくなってしまいました。

 

↓表彰のときはこんな感じでした。

f:id:yasuaki-sakai:20170919172929g:plain

 

大平は諸事情により片付けには参加できませんでしたが、皆さんで会場(など)を片付けしてそれぞれの宿に戻りDEN-CUPは幕を閉じました。

 

以上のように、今年のDEN-CUPは非常に中身の濃いものとなりました。

伝説を残したと言ってくださる方もいて今回参加して非常によかったと思ってます!ありがとうございました!

来年も参加できたらと思います!

 

書いた人:テレコム第2チーム 大平

f:id:yasuaki-sakai:20170919172958p:plain

日比谷オクトーバーフェスト2017

f:id:yasuaki-sakai:20170911202455j:plain

こんにちは、ドイツビール大好き 吉田です。

またまたオクトーバーフェストに行ってまいりましたのでそのレポートになります!

内容としては以前の記事とほぼ変わらないので今回はサクッといきたいと思います(笑)

 

以前の記事はこちら。

denen.hatenablog.com

denen.hatenablog.com

 

今回は6月と同じ日比谷公園での開催でした。

9/2(土)に参戦したのですが、入場前は雨が降っていました。

それにも関わらず会場前から行列が・・・

f:id:yasuaki-sakai:20170911202623j:plain

今回はステージテントの最後方に陣取り、雨をしのぎつつステージを楽しむことにしました。

しかし、この作戦が裏目に出るとはまだ誰も知りません・・・

ちなみにステージまでの風景はこんな感じでして、お台場より少しテントが小さめな印象を受けました。

f:id:yasuaki-sakai:20170911202807j:plain

私は今回は所用で昼から参戦したのですが、その頃には雨も上がっていました。

そして予想外に気温も上がり、テントの端だと日光が当たり汗をかくほどでした。

f:id:yasuaki-sakai:20170911203042j:plain

上の写真から天気のよさが伝わるでしょうか?

でも、ビールは暑い中飲むと美味しかったので結果オーライです!

 

というわけで今年2度目の日比谷公園でしたが、既に今月末にはこちらも今年2度目のお台場オクトーバーフェストが控えています。

また体調を整えていかないといけませんね(笑)

それでは、また。

 

書いた人:イノベーションオフィス 室長 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

 

VRZONE行ってきたった2(○○)

f:id:yasuaki-sakai:20170823101005j:plain

ご覧頂きありがとうございます!

東京都新宿に新しく出来た「VR ZONE SHINJUKU」のご紹介になります。

 

前回は会場の雰囲気やグリーンチケットのVRアクティビティのご紹介でした。

denen.hatenablog.com

 

今回は体験してきた残りを全てご紹介いたします!

それではいきましょう。

 

レッドチケット「ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)」

vrzone-pic.com

こちらはフロアに響く悲鳴を聞いたときからやってみたいと思っていました。

並んでいる間にもスタッフさんから苦手な人はお辞め下さいとひたすらストップが・・・。

 

内容としてはグロテスクな表現多めのホラーゲームで、レバーで前後に車椅子を操作し、片手には懐中電灯(コントローラー)を持ちます。

また、こちらのVRアクティビティではボイスチャットでコミュニケーションをとりますので、パートナーが怖がりだとなかなかカオスです。

 

リタイアボタンもあり、誰か一人でもリタイアorゲームオーバーになると全員終了となりますので、ご注意を・・・。

分岐が複数あり、複数回のプレイを想定しているようで、360度見渡せるので迫力がありました!

 

イエローチケット「マリオカート アーケードグランプリ VR」

vrzone-pic.com

カート型のシートに座り、手の甲にセンサーをつけます。

ハンドルとペダルでカートを操作、手のセンサーでアイテムをつかんで投げるといった操作が可能です。

f:id:yasuaki-sakai:20170904103258j:plain

さまざまなコースを連結させた1周コースで、4人でレースします。

景色を楽しんだり、アイテムで他のプレーヤーを妨害したり、空を飛んだりと盛り沢山でした。

 

真剣に1位を取るよりも、後ろから眺めているほうが楽しそうでした。

このアトラクションが体験した中で一番疲れました!

 

ブルーチケット「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」

vrzone-pic.com

来たからにはやるっきゃない!と思い、体験してきました!

ただ、先にアーガイルシフトを経験していたので、センサー類に目新しさはありませんでした。

目の前の箱から空気が出るため、演出がよりリアルに感じました。

f:id:yasuaki-sakai:20170904104739j:plain

エントリープラグや出撃前、使途との攻防といった数々の演出は最高でした!

こちらも座る席で零号機、初号機、弐号機が決まります。

 

以上が今回体験したVRアクティビティとなります。

 

おまけ

チケット不要の誰でも体験できるコーナーがありましたので、こちらもご紹介します。

HTC VIVEのPRで、実際にSTEAMで購入できるゲームを体験できるコーナーがありました。

f:id:yasuaki-sakai:20170904104950j:plain


こちらの体験コーナーではヘッドフォンがVIVEのオプションのものでした。

(他のVRアクティビティは汎用のヘッドフォンのようでした。)

 

「Tilt Brush」

空間に絵を描くVRならではといった感じのゲームです。

両手にコントローラーを持ち、片方がパレット、片方がブラシといった使い方になります。

f:id:yasuaki-sakai:20170904105224j:plain

上手く描けた!と思って横から見るとズレてる!なんてことが・・・。

どうしてもアクティブな描き方になってしまいますが、とても面白かったです。

 

「FRONT DEFENSE」

こちらも先ほど同様に両手にコントローラーを持ちます。

いわゆる戦争ゲームで、制限時間までにどれだけ倒せるか競うゲームです。

f:id:yasuaki-sakai:20170904105316j:plain

コントローラーのボタンで手を握ったり離したり出来るので、

マガジンを取るときには銃からマガジンちゃんと抜いてから装填しなければならない!といったリアル趣向・・・。(ヘルメットを脱ぐことも出来ます。笑)

サバゲー好きならおぉ~となること間違いなし!

f:id:yasuaki-sakai:20170904105336j:plain

こちらも外から見るととってもシュールです。

本人は目の前が壁だということも忘れて熱中してます。

 

最後に

入館する時間が決められていたり、チケットのシステムによって大きな混雑は無さそうでした。

しかし、どうしても人気アクティビティに人が集まってしまいますので、同色の他のアクティビティが空いていてちょっと不憫でした。

 

また、基本的にヘッドフォンを装着しますが、基本的に音が小さめでした。

没入感を推すならこちらにも力を入れて欲しかったと思いました。(隣の悲鳴とかめっちゃ聞こえますw)

 

とはいえ、VRだけでなくセンサー類の進化も感じることが出来たので、個人的には満足でした。

攻殻機動隊のアクティビティが公開されたようですので、まだまだ盛り上がるはずです!

 

少々値段はしますが、気になる方は行って損は無いと思います。

ありがとうございました。

 

書いた人:テレコム第2チーム 土田

f:id:yasuaki-sakai:20170510154111j:plain

EthereumにPHPから接続してみた 補足編

f:id:yasuaki-sakai:20170405150908j:plain

こんにちは

イノベーションオフィスの吉田です。

8月は雨が多くて憂鬱な日が多かったですが、9月は晴れる日が多いといいなぁと思う今日この頃です。

 

さて、今回は以前書いた記事に関しての補足を書きたいと思います。

denen.hatenablog.com

上の記事では、geth の 1.5 系を使用していました。

しかし、現在は 1.6 系がリリースされており、 json の記述等で違いが出てきています。

ですので、そこら辺の差異を含めた説明をしたいと思います。 

1.6 系で必要な設定

以前の記事でジェネシスブロックの設定を my_genesisn.json に記述していました。

内容は以下の通りです。

{
  "nonce": "0x0000000000000042",
  "timestamp": "0x0",
  "parentHash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "extraData": "0x0",
  "gasLimit": "0xffffffff",
  "difficulty": "0x4000",
  "mixhash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "coinbase": "0x3333333333333333333333333333333333333333",
  "alloc": {}
}

しかし、1.6 系で同様の記述を行っても起動しません。

そこで、以下の様に追記を行ってください。

{
  "nonce": "0x0000000000000042",
  "timestamp": "0x0",
  "parentHash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "extraData": "0x0",
  "gasLimit": "0xffffffff",
  "difficulty": "0x4000",
  "mixhash": "0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000",
  "alloc": {}, 
  "config": {
    "chainId": 42,
    "homesteadBlock": 0,
    "eip155Block": 0,
    "eip158Block": 0
  }
}

「config」という項目が増えましたね。

config 内の各項目の説明は以下の通りです。

chainId チェーンを識別するIDです。プライベートの場合は各ノードでそろえておけば問題有りません。networkid と揃えてる方も居るようです。
homesteadBlock Homestead(Ethereumの現バージョン)仕様のブロックを何ブロック目から使用するかという設定です。0を指定すれば最初から使用されるので、プライベート利用では0で構いません。
eip155Block EIP155に則ったブロックを何ブロック目から使用するかという設定です。こちらも0で構いません。
eip158Block 上記と同様でEIP158に則ったブロックの設定で、0で構いません。

 

また、今回は coinbase の記述を削除しています。

こちらはこのノードでマイニングした際の報酬受け取り先アドレスを記述するのですが、プライベート利用では作業の中で指定する(miner.setEtherbase)ので省きました。 

EIPについて

さて、1.6 系になってから追加された設定項目で eip~ という記述が出てきました。

これは Bitcoin で言うところの BIP(Bitcoin Improvement Proposals) の Ethereum 版になります。

BIP に関しては以下のサイトを参考にしてください。

www.tottemoyasashiibitcoin.net

例えば EIP155 であれば去年 Ehtereum Classic にハードフォークされた影響で起こる Reply Attack への対策となります。

リンクばかりで申し訳有りませんが、Replay Attack に関しては以下が参考になると思います。

www.jpbitcoinblog.info

最後に

といった感じで補足を書かせていただきましたが、Ethereum(geth)のバージョンアップは続いているのでまた設定やオプションが変わるかもしれません。

その時は早めにお伝えできればと思います。

 

書いた人:イノベーションオフィス 室長 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

本日の電縁(2017/09/01)

スプラトゥーン2のことかな。Nintendo Switch買ったのかしら。。。

f:id:yasuaki-sakai:20170827181609j:plain

 

テレコム第2チーム サクマ

f:id:yasuaki-sakai:20170430233914j:plain

VRZONE行ってきたった1(○○)

f:id:yasuaki-sakai:20170823101005j:plain

ご覧頂きありがとうございます!

今回は東京都新宿に新しく出来た「VR ZONE SHINJUKU」に行ってまいりましたので、二回に分けてご紹介致します。

 

VR ZONE SHINJUKUとは

まずはこの「VR ZONE SHINJUKU」の簡単なご紹介から。

2016年にお台場で実施された「VR ZONE Ploject I Can」というバンダイナムコのプロジェクトが「VR ZONE SHINJUKU」として新宿で復活しました。

HTC社のヘッドマウントディスプレイであるVIVEにより、数々のアクティビティを実現しています。

 

立地も大変良く、TOHOシネマズのゴジラを目指せばすぐです。

外観はコンナ感じで

f:id:yasuaki-sakai:20170823101024j:plain

振り返るとゴジラが!

f:id:yasuaki-sakai:20170823101045j:plain

 

入場

入り口にはチケット売り場がありますが、今回私はアプリにて事前にチケットを購入しておいたので、そのままアプリを起動して入場ゲートを通過しました。

 

料金は1day4チケットセットがお一人4400円で、入場券800円、各チケット1000~1200円と考えるとこのセットが大変お得です。

また、タイムテーブルが設定されており、その時間内に入場すれば滞在時間の制限は無いのでゆっくり楽しむことが出来ます。

 

入場後はチケットの説明を受け、パンフレットとゴーグル用マスクを受け取ります。

f:id:yasuaki-sakai:20170823101112j:plain

一部のアクティビティは再購入が可能ですが、当日に混雑状況等で再購入不可となったチケットもこの説明時に知ることが出来ます。

 

チケットとアクティビティについて

チケットは4枚種類あります。それぞれ色が分けられていて、赤青黄緑それぞれの色に対応したアクティビティのどれか一つを体験することが出来ます。

アクティビティは「VRアクティビティ」とVRを使用しない「アクティビティ」に分類され、後者の「アクティビティ」はどの色のチケットでも体験することが可能です。

※一部のアクティビティは年齢制限等ありますので、お子様と楽しみたいといった方はご注意下さい。

 

また、これらのアクティビティの他に、Kinectを使用した体験型の展示物やVRの体験コーナーなんかもあります。

その中でもオススメは砂浜で、なんと室内に本物の砂浜があります!

波や生き物が投影され、都内のど真ん中と思えないお洒落な写真を取ることが出来ます。

f:id:yasuaki-sakai:20170823101145j:plain

 

さて、それでは当日実際に体験したアクティビティのご紹介をしていきたいと思います。

今回はグリーンチケットの「アーガイルシフト」と「釣りVR」のご紹介です。

 

アーガイルシフト 

まずはグリーンチケット「アーガイルシフト」です。

vrzone-pic.com

女の子とロボットに乗れるなんて!やるしかない!と意気込んで乗り込みました。

いざ始まってみると、目の前にハレンチな格好の女の子がいるのでとても恥ずかし楽しかったです!笑

女の子ばっか見てたらバレます。(付き添いの嫁さんにはもちろんバレました。)

f:id:yasuaki-sakai:20170823101210p:plain

 

このアクティビティでは視点で照準を合わせて手元のレバーのスイッチで射撃を行うシンプルなゲームになっています。

座席も連動して揺れ、臨場感はあります。

ボリュームとしては少ない方でしたが、美少女とロボットに興味がある方にはオススメです。

 

釣りVR GIJIESTA

同じくグリーンチケットの「釣りVR」ですが、こちらは当日付き合ってくれた私の嫁さんにやってもらいました。

vrzone-pic.com

こちらは釣り竿型のコントローラーと、タモ網コントローラーを使用します。

二人対戦も出来るアクティビティで、掛かった魚次第でコントローラーに伝わる感触も変わります。

f:id:yasuaki-sakai:20170823101241j:plain

 

ルアーの変更も可能で、右手側にあるルアーホルダーにコントローラーを合わせて変更します。

制限時間は背後の掲示板に表示され、VRを360度フルに体験できます。

 

こちらは外からも状況が分かるようにモニターが設置されていますので、付き添いの方も見て楽しむことが出来ます。

また、スタッフさんが付き添いで実況やアドバイスをしてくれるので、会話も楽しみながらアクティビティを体験することが出来ます。満足度は高そうでした!


以上で第一回となります。

新宿のど真ん中にアトラクション施設が誕生してしまうのもVRコンテンツの成せる技でしょうか。
是非この機会に体験してみては?!

 

書いた人:テレコム第2チーム 土田

f:id:yasuaki-sakai:20170510154111j:plain

五反田体育祭に行ってきました

f:id:yasuaki-sakai:20170818111516j:plain

今年の新人で、自社製品の開発を担当しているフーフンです。

ベトナム出身で日本に来て6年目です。

 

今回は、いつもイベント充実な電縁が、他社さんを交えての体育祭がありましたので、それについて紹介したいと思います。

 

今回の体育祭は業務時間としてカウントしていただいたので、本社にいるアツい若手社員が参加し、みんなで熱中しました。

会場へ向かう前に、某総務の方に勝ってこいと何回も言われたので、結構盛り上がった気持ちで、14時半ごろに出発しました。

 

今回の体育祭の場所は電縁本社近くの品川区総合体育館で、競技は卓球とドッジボールでした。

参加した会社は電縁を含め4社でした。

卓球については、ランダムでペアを組んで試合を行いました。

自分は5歳の男の子のソラくんとペアとなって、無敵なチームでした。

f:id:yasuaki-sakai:20170818111432j:plain

自分が後ろでボールを拾う役割で、ソラくんが勢い良くピンポン球を投げたり、じゃんけんをうまくやったりした結果、卓球は優勝となりました。(笑)

 

その後のドッジボールは一番気合を入れて取り組んだ競技でした。

他社の人と適当にチーム分けをし、バレーボールを使用して試合を行いました。

f:id:yasuaki-sakai:20170818123823j:plain

あまり勝ち負けにこだわらなく、みんなで良い運動ができました。

体育祭のあとは、他社交流会の懇親会にも行きました。

f:id:yasuaki-sakai:20170815202003j:plain運動したあと美味しいビールを飲めば、人生の幸せの一つだと考えています。

さらに、今回、交流した会社さんにベトナム人が一人いらっしゃったので、日本での社会人経験や、お互いの環境についてなど、普段ではできないような、色々な話ができました。

久々にベトナム語で会話したので、非常に楽しかったです。楽しすぎて、2次会にも行ってしまいました。(笑)

 

いい思い出の一日でした。

 

書いた人:innopm担当 フーフン

f:id:yasuaki-sakai:20170822115442j:plain

男だけどカフェを巡って女子力アップ!

こんにちは!デジタルサイネージチームの植野です。

みなさん、お盆休みはいかがでしたでしょうか?

私は趣味のカフェ巡りと、夏といえばかき氷ということで那須まで天然かき氷を食べに行ってまいりました!

カフェ巡りはこちらの2軒!

1軒目は ブルーボトルコーヒー青山店 です!

bluebottlecoffee.jp

一時期、話題になり長い行列をなしていましたが今はそれほど並ぶことなく入れます!

f:id:yasuaki-sakai:20170817202138j:plain

頼んだドリンクはコールドブリューという水出しコーヒーです!夏限定なのか店員さんのオススメでした。久しぶりにこんな美味しいコーヒーをいただきました!

f:id:yasuaki-sakai:20170817202153j:plain

コーヒーが苦手な方、まだ行ったことない方は是非、行ってみてください。

 

カフェ巡り2軒目は銀座にあります ダロワイヨ銀座本店 です!

http://www.dalloyau.co.jp/

f:id:yasuaki-sakai:20170817202327j:plain

私の知り合いがチョイスしてくれたお店です!

1階はテイクアウトエリアになっており2階がカフェエリアで、2階は食事する方しか入れないので静かで落ち着きます!

カロンの有名店で土日の昼間はマカロンを求めて行列ができます。立地的にも銀座シックスの向かい側なので混むのは仕方ないかなって感じです。

ディナーの時間にお伺いし、コースメニューをいただきました!

コースに出てくる食後のデザートは実際に1階で売られているケーキからチョイスでき種類も豊富です!下の写真みたいなトレイで運ばれてきて、一つ選ぶ形です。

f:id:yasuaki-sakai:20170817202407j:plain

お値段もリーズナブルですので行ってみて下さい!

 

書いた人:デジタルサイネージチーム 植野

f:id:yasuaki-sakai:20170818111128j:plain

本日の電縁(2017/08/15)

何か思うところがあったのかしら。

f:id:yasuaki-sakai:20170809234907j:plain

 

テレコム第2チーム サクマ

f:id:yasuaki-sakai:20170430233914j:plain