Denen blog

株式会社電縁の社員によるブログです。

五反田で行っておきたいランチ7選

こんにちは

イノベーションオフィスの吉田です。

 

私は普段ランチを会社の周りで食べることが多いのですが、五反田は結構お店が多いので選ぶのが大変だったりします。

この記事を読んでいる方が五反田ランチで路頭に迷わないように、私のオススメをご紹介させていただこうと思います。

 

平太周 味庵

f:id:yasuaki-sakai:20170725125223j:plain

こちらはテレビなどでも取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

「背脂チャッチャ系」と呼ばれている通りの大量の背脂と、青森県産ニンニクたっぷりのがっつりラーメンです。

見た目よりも食べやすくとても美味しいので、お腹を空かせて是非チャレンジしてみてください!

www.hirataishyu-ajian.jp

広州市

f:id:yasuaki-sakai:20170725125259j:plain

五反田以外にも都内に数店舗有る、ワンタン麺の美味しいお店です。

定番のワンタン麺もいいのですが、最近は上の写真のユーリンチー定食にハマっています。

とにかく、ワンタンが美味しいので是非お試しください!

r.gnavi.co.jp

陳家私菜

f:id:yasuaki-sakai:20170725125527j:plain

こちらも都内に数店舗有る、四川料理のお店になります。

一番のウリは麻婆豆腐で、熱さと辛さで食べ終わると汗だくですが、満足度も高いです。

こちらのお店はご飯やサラダがおかわり自由でコスパも高いです。

www.chin-z.com

路地裏

f:id:yasuaki-sakai:20170725130015j:plain

東急池上線のガード下に有る居酒屋、路地裏です。

こちらは「激辛」と書いて「旨辛」と読む、激辛牛すじ煮込み定食が絶品です。

見た目は辛そうですが、旨みが強くペロッと食べられてしまいます。

夜は行ったことが無いのですが、この牛すじ煮込みだけでビール何杯でもいけちゃうと思いますよ(笑)

r.gnavi.co.jp

ホットスプーン

f:id:yasuaki-sakai:20170725130501j:plain

牛すじ煮込みカレー、ホットスプーンです。

様々な具材を煮込んで作られたカレーは濃厚でとても美味しく、カレーに合うトッピングが豊富なのも嬉しいです。

こちらは昼でも夜でも行列が出来ている人気店ですが、回転が比較的早いので並んでも食べる価値がありますよ!

r.gnavi.co.jp

あげ福

f:id:yasuaki-sakai:20170725131102j:plain

揚げ物がとてつもなく美味しいお店、あげ福です。

それもそのはず、こちらは五反田の超有名店ミート矢澤がやっているお店だそうです。

昼時はいつも行列が出来ており、最近は行けておらず写真も少し古いものだったりします・・・

www.agefuku.net

粋な寿し処阿部

f:id:yasuaki-sakai:20170725131950j:plain

最後はお寿司の阿部です。

こちらは営業時間が長いので、少し時間をずらして行くと美味しいお寿司がゆっくり楽しめるのでオススメです。

一緒に出てくるお味噌汁も非常にいいお味で満足できると思います。

www.geocities.jp

 

以上、五反田のオススメランチをご紹介させていただきました。

この記事を書いていたらとてもお腹が空いてきたので、これからランチに行ってきます!

 

書いた人:イノベーションオフィス 室長 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

ふるさとの話。(岩手県気仙郡住田町)

こんにちは。

テレコム第2チームのサクマです。

 

唐突ですが3連休で父母のふるさとに帰った話をします。

岩手県の住田町という小さな町です。

f:id:yasuaki-sakai:20170719064217j:plainいいところでしょう?

 

祖父母はもういなくてふるさとからはしばらく足が遠のいていたのですが、ここ数年はケセンロックフェスという最高のフェスに行くために毎年ふるさとに帰っています。親戚とのつながりもできて、ケセンロックフェスには本当に感謝です。

kesenrockfes.com

小学生の時は毎年夏休みにふるさとに帰っていました。夏休みが始まってすぐ、私たち兄妹3人はふるさとに送りこまれ、この場所で夏休みを過ごしていました。

30年経って、子どもの時に遊んだ場所を歩いてみると、山も田んぼも何も変わらないように見えて、やっぱり少しずつ変わっているなと思います。

畑があった場所は休耕地となっていたり、あぜ道に作られていたかぼちゃがなくなっていたり。

f:id:yasuaki-sakai:20170719072218j:plain

昔はここでイモ掘ったりマメ採ったりしてました。

 

私のふるさとは、過疎の進む場所です。

美しい里山の風景も、自然の風景に見えて実はとても手がかかっています。よく見ると最初の写真には丈の高い雑草が全く生えていなくて、それはつまりいつも誰かが草を刈っている。

人手が少なくなったり年をとったりする中で、田畑や道の手入れをするのはとても大変なことだと思うのです。この美しい風景を当たり前のものとして維持している人たちに頭が下がる思いでした。

 

ちょっとしんみりした話をしてしまいましたが、基本的にはカエルやバッタやホタルを捕まえてワーワー騒いでいたのでご安心ください。ケセンロックフェスもいつも通り最高でした!

f:id:yasuaki-sakai:20170719073636j:plain

 

また来年も親戚に元気な顔見せられるようにがんばるぞー!

 

書いた人:テレコム第2チーム サクマ

f:id:yasuaki-sakai:20170430233914j:plain

ブロックチェーンセミナーを開催いたしました!

f:id:yasuaki-sakai:20170712123631j:plain

こんにちは

デジタルサイネージチームからイノベーションオフィスに異動になりました吉田です。

別に悪いことやって異動になったわけではないですよ(笑)

 

さて、今回は先日弊社で開催されたブロックチェーンセミナーのご紹介をしたいと思います。

以下のプレスリリースを出させていただいているので、ご存知の方も居らっしゃるでしょうか。

prtimes.jp

プレスリリースと同じ話をここでしても面白くないと思いますので、当日の様子を少しご紹介させていただきます。

開催概要

セミナーは弊社セミナールームにて2日間に分けて行いました。

以下が各日の講義内容となります。

第1日:6月21日(水)

第2日:7月5日(水)

第1日

f:id:yasuaki-sakai:20170712124039j:plain

1日目は座学がメインとなります。

まずはブロックチェーンに対する知識を深め、理論的に理解していただきます。

その後は技術的な部分の講義へと進み、1日目の最後は実習を行いました。

弊社で用意したサーバへSSH接続していただき、構築済みのブロックチェーンノードに対して操作を行っていただきました。

「ターミナルでコマンドを叩くのが久しぶりで楽しかった」というコメントをされている方がいらっしゃってとても印象的でした。

第2日

f:id:yasuaki-sakai:20170712130226j:plain

2日目は実習がメインとなります。

各受講者が持ち込んだPC上でノードを立ち上げ、ローカルなP2Pネットワークを形成します。

Windows 7~10、MacDebian(!?)など様々なOSをご利用いただきましたが、無事全員がネットワークに参加する事が出来ました。

f:id:yasuaki-sakai:20170712130748j:plain

少し見難いですが、上の写真の真ん中のホワイトボードに記載されているのが、受講者のノードの繋がりを可視化したものになります。

ノードの構築後はプログラミング関連の実習を行いました。

そして最後は座学に戻り、設計やサービスの企画の考え方などの講習が有り、ラップアップを行って終了となりました。

まとめ

8時間×2日間の中に色々詰め込んでいますが、ブロックチェーンを理解しサービスを開発していくには、このセミナーだけでは足りないと考えています。

その為、弊社のブロックチェーンセミナーは「受講したら終わり」ではなく、その後の交流・連携も行っていく方針になっています。

まずはセミナーにご参加いただき、その後は受講者の皆様と一緒にブロックチェーン業界を盛り上げて行けるよう頑張っていきます。

 

セミナーは継続的に開催予定ですので、ご興味有る方は以下の担当者までお問い合わせください。 

株式会社電縁 コンサルティングチーム 石原 玲一
Mail:r.ishihara@denen.com
TEL:03-4500-4913

以上、ブロックチェーンセミナーのご紹介でした。

 

書いた人:イノベーションオフィス 室長 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

研修合宿がこんなに楽しいものだったなんて!

ブログをお読みのみなさま
はじめまして、こんにちは。2年目の大内と申します!

今回は、チームで研修合宿に行って参りましたので
そのお話をさせていただこうと思います!

お家から約3時間。鈍行にがたごとゆられて、
"熱海"に到着しました!
温泉旅行!では決してございません。
断じて、研修合宿です。笑


駅に到着したものの・・・メンバーの誰とも会わず。
「・・・今日って熱海だよね。熱海ってここでいいの?焦」
一人で行くとよくこうなりますよね。
ホテルに到着すると歓迎看板をみつけて安堵しました!ほっ。

こんな感じでスタートした私の様子は置いておいて。
(※ちなみに現地集合/現地解散となっております)


ゆるっと開会式をして

若手主導レクリエーション"人狼"

(※注※ 研修合宿です!)

テレコム第2チームですが…
社内1の大所帯チーム!
全員がルールを把握するのがとても大変でした。

f:id:yasuaki-sakai:20170707191413j:plain

↑真剣勝負中

嘘を隠そうとして、
急におしゃべりになったり、静かになったり…
普段見られない姿はとても面白いですね。
分からないなりに楽しむことができました^ ^

ディスカッション

"管理者メンバーのディスカッション参観"
とても貴重でした。

比較してはいけませんが・・・
話の進め方が私たちとは違うんです!
脱線のないスマートなディスカッションと発表。

「短い時間で詰めきれなかった」という
お話が多かったですが、

とても勉強になりました!
(これ研修らしいですね!)

夕食~

あとはもう自由時間!!

空き時間には
卓球を楽しんだりー
温泉にはいったりー
ガールズトークをしたりー
プリクラを楽しんだり・・・?
思い思いに楽しんだようです!

f:id:yasuaki-sakai:20170707192103j:plain

f:id:yasuaki-sakai:20170707192131j:plain

夕食バイキングでは、
蟹やら金目鯛やら食べ放題!!
アルコール類もカクテルコーナーなるものがあり、充実!
メンバーみんな大満足!!

そして2次会、3次会と夜中まで続きます。。。
修学旅行みたいですね!
お酒もおつまみもどんどん進みます!

f:id:yasuaki-sakai:20170707192155j:plain

雑談はもちろん!(真夜中から)業務の話が出ちゃうチーム!
結構真面目です(^^)笑

そんな中たまにブログを書いているU先輩。
バイキングでお腹いっぱい&温泉でぽかぽかだったのでしょう!
存在はしていたものの、
すや~っとおやすみになっていました。

まとめ感想

  • 普段と違ったメンバーの一面を見ることができた
  • ゆっくりとお話することができた
  • 業務から離れてリフレッシュもできた
  • 何と言ってもガールズトークは尽きない!!!
    (お姉様方ありがとうございました)

ということで、とっても素敵な時間でした!
来年もたのしみです!

f:id:yasuaki-sakai:20170707192218j:plain

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

 

書いた人:テレコム第2チーム 大内

f:id:yasuaki-sakai:20170710100743p:plain

AI・人工知能EXPOに行ってきた

こんにちは

デジタルサイネージチームの吉田です。

先日AI・人工知能EXPOに行ってきたので、簡単ではありますがそのレポートをしたいと思います。

f:id:yasuaki-sakai:20170630121038j:plain

概要

この展示会は「コンテンツ東京 2017」の一部で、今回が初めての開催となります。

「コンテンツ東京 2017」自体は東京ビッグサイトの東6,7,8ホールにわたって行われるのですが、AI・人工知能EXPOはそのうち以下のエリアで行われていました。

f:id:yasuaki-sakai:20170630121347j:plain

エリアはそんなに広くないですが、注目度はとても高く人でごった返していました。

ちなみに、私は初日の11時から行ったのですが入場から行列が出来ていました…

f:id:yasuaki-sakai:20170630121645j:plain

中もAI・人工知能EXPOエリアだけは人であふれ返っており、チラシを貰うのも一苦労といった感じでした。

展示内容

内容としては、全体的にチャットボット系のサービスが多かったのですが、私が気になったものをいくつかご紹介したいと思います。

1. 外食頻度予測

f:id:yasuaki-sakai:20170630174320j:plain

こちらはアンケートに答えると外食の頻度を当ててくれるというものです。

こういったアプリ自体は昔から有りますが、AIを使うことで精度が向上できるという事でした。

ちなみに私は「ほぼ毎日」という診断結果でした…

2.  8Kへのアップコンバージョン

f:id:yasuaki-sakai:20170630174848j:plain

低解像度映像を高解像度にAIを用いてリアルタイムにアップコンバージョン出来るそうです。

こんなことも出来ちゃうんですね。

3. 音楽の雰囲気に合わせたオリジナルドリンク作成

f:id:yasuaki-sakai:20170630174958j:plain

音楽をインプットすると、雰囲気に合わせてジュースをブレンドして作ってくれるそうです。

これもAIじゃなくても出来そうですが、やはりAIを使うことで精度が上がるという感じですかね。

 

他にも色々出展されていましたが、実際にデモを見たり体験出来たりするブースが多くてなかなか楽しめました。

おまけ

広さはAI・人工知能EXPOより更に狭いですが、AR・VRワールドというエリアも有り、そこでも色々体験が出来るようになっていました。

f:id:yasuaki-sakai:20170630180414j:plain

上の画像は肝試しVRを体験している方たちなのですが…傍から見ると何をしているかわからなくて笑ってしまいますね(笑)

 

書いた人:デジタルサイネージチーム 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

大人の階段上る -シガーバーいったった-

*この記事の平均読了時間は5分です。

 

Denen blogをご覧の皆様

はじめまして、入社2年目の小沼と申します。

 

先日、会社の先輩Sさんと同期のYさんに誘われ、初めて「シガーバー」に行きましたのでそのときのお話を!

 

今回お邪魔させていただいたのは  ル・コネスール 渋谷店

葉巻が初めての人も楽しめる居心地のいいお店でした!

  

準備編 - シガーバーとは -

まずシガーバーとは・・・

私は知らない。だって初めてだから。

 

ということで、現代っ子の私は早速グーグル先生に聞いてみました。

【シガーバー】

 もともとの発祥地はニューヨークで、1995年に厳しい禁煙条例が施行されたのを受けて、次々とオープンした。愛煙家たちが喫煙できるところを探し回っていたときに、このシガーバーの存在が急浮上したといわれている。

 人気の高い店では、週末を除く毎晩、1本5~20ドルの高級葉巻を吸う客で満席にり、大手のシガーバーチェーンでは、ハリウッドスターらを多く会員に持ち、会員になることが一つのスティタスだと、宣伝しているところもあった。

ほ、ほう・・・

なにやら、ずいぶんとお高級そうな場所やないか・・・

しかも画像を検索してみると、ほぼ全ての画像がこんな感じ。

f:id:yasuaki-sakai:20170620145652j:plain

間接照明やキャンドルの光に照らされ

 グラスが煌く大人の空間が広がっている―

 

ふふ、今日ここで私は大人になります。

 

・・・しかし。

軽い気持ちで行くといったものの場違いなくらい高級そうな店に加え、そもそも葉巻の吸い方も分からない!!

 

同期「そろそろ行こうか~」

小沼「お、おう(え、やばい、やっぱ帰りたい・・・)」

 

本番編 - いざシガーバーへ -

渋谷で先輩と合流し、居酒屋で軽く腹ごしらえ。

ささっと食事を済ませて今日のメイン、シガーバーへ。

 

道玄坂をあがったところからマークシティエストへ入るところにお店がありました!

 

いざ入店。

店の入り口には葉巻がずらりと並ぶ小部屋があります。

(やぶぁい・・・葉巻の吸い方・・・しらべてねぇ)

f:id:yasuaki-sakai:20170620145744j:plain

葉巻を眺めているとダンディな店員さんがお出迎えをしてくださいました。

先に通されるとお酒のメニューが渡され、

 

ダンディさん「今日はどういった感じで?」

小沼「フェ?、あ、え~と。。(これ体調とか聞かれてるのか??)」

Sさん「二人は初めてなんで癖の無いやつで。」

ダンディさん「かしこまりました。それでは何本かお持ちします。」

小沼「・・・(体調とかこのタイミングで聞かんわなwww)」

 

ダンディさんが葉巻を選んで下さっている間に、お酒のメニューに目を通すとそこにはずらりと年代もののウィスキーやスコッチ、バーボンが・・・!

 

どうやら葉巻には蒸留酒が合うようですね。

 

お酒を選んでいるうちに店員さんが帰ってきました。

ずらりと並んだ葉巻を一本ずつ丁寧に説明してくださり、初心者の私でも迷わず選ぶことができました。

 

さらにはカットして火をつけて吸い方まで教えてくださります。

ここまで至れり尽くせりだとはっ・・・!!

(事前の調査などは全く必要ありませんでした。)

 

ちなみにSさんと私が選んだのはコイーバと言うブランドの葉巻。

葉巻の有名なキューバのブランドで、雑味の少ない一品だそうです!

f:id:yasuaki-sakai:20170620145823j:plain

Yさんもダビドフというブランドの葉巻とウィスキーを楽しんでいました!

(写真を提供してもらったのですが、構図とかおしゃれすぎてなんかもう・・・)

f:id:yasuaki-sakai:20170620145851j:plain

葉巻は非常に奥が深く、長さや太さ、使用するタバコの葉、吸い口の切り方などで香りが変化するとの事でした!

 

ちなみに・・・

こちらのお店は

  • 葉巻:1本/1500円~
  • お酒:一杯/1000円~

と社会人2年目の私にはちょっとお高めかなという価格ではありますが、それだけの価値を感じることのできる場所でした!

 

まとめ

  • 何も知らなくても大丈夫!ダンディな店員さんが何でも教えてくれる。
  • 普段はなかなか味わえない大人の時間を満喫できる。

店内の落ち着いた雰囲気にスモークとウィスキーの香りが混ざり、ゆったりとした時間の流れを楽しむことのできるシガーバー。

 

興味のある方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

書いた人:コンサルテーションチーム 小沼

f:id:yasuaki-sakai:20170623163832p:plain

立正大学で超絶コスパの良いステーキが食べられるらしいので行ってみた

こんにちは。

エセエンジニアの関口です。

 

今日のブログはとある平日のこんな会話から始まりました。

f:id:yasuaki-sakai:20170616104926p:plain

記事はこち

buzz-plus.com

 

リンク先を見る気がない人のために3行でまとめると、

こんな感じっす。激アツっす。

 

うちの会社って池上線の大崎広小路駅の真ん前にあるので、立正大学も目の前にあるんですね。

というわけでステーキランチを食べに、行ってきました立正大学

※リーマン一匹だと怪しまれるので、現役大学生のインターンを連れて行きました。

※最近、防犯うるさいですからね。

 

中はこんな感じ

f:id:yasuaki-sakai:20170616105050j:plain

食堂のおばちゃんに食券を渡すシーン

f:id:yasuaki-sakai:20170616105110j:plain

どきどき

f:id:yasuaki-sakai:20170616105126j:plain

そして待ちに待ったステーキがこちら(どんっ

f:id:yasuaki-sakai:20170616105140j:plain

 

なんか記事だと8~10分かかるって書いてましたけど、実際は3~4分ほどでアツアツなステーキが受け取れました!

それと今はカレーではなく、ただの鉄板ステーキランチになっているようです。

 

お肉は若干固めなのですが、オージービーフとか好きな人にはたまらない歯ごたえです。

味付けも醤油の濃さがいい感じで、ご飯も味噌汁も付いて申し分ないのに、600円なんて、ぶっちゃけ意味わかんないすね。。。

 

次は言い出しっぺの吉田さんを連れて行きたいです。

 

吉田さんはこんな人なので、

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

うちのインターンはこの人を連れて学食に行ったら、学生がどういう反応をするのか超気になると言っていました。

今度ぜひトライしてみたいと思います。

※外見ビビりますが、超絶優しくていい人です。なので道端で見かけても通報しないでください。

 

余談ですが、そばとかうどんとかもめちゃくちゃ安いし(250円とか)、やっぱり学食ってすげぇ。。。ってしみじみ思いました。

ただ、守衛さんの横を通らなくてはならないので、みなさん行くときは気をつけてください。

なるべくヤングな格好で!!!!

 

そんな感じで、今日は以上です!

 

書いた人:なんちゃってエンジニア 関口

f:id:yasuaki-sakai:20170518120952p:plain

AWS(EC2)の自動停止をやってみる

f:id:yasuaki-sakai:20170607123057j:plain

こんにちは、飲み会大好き内山です。

そろそろ夏ですね。そろそろプレミアムマンデーでもしてビアガーデンに行きたいですねー。

今回は真面目に技術関連のネタを書きます。

AWS(EC2)

AWS(EC2)良いですよね。ちょくちょく使ってます。
ちょっと試したいツール入れみたり、自分用の自由にできる環境作ってみたり
簡単なアプリケーションサーバ立てたり、etc。

案件・プロジェクトとは別に、チーム内のツールとか情報共有とか
暇になったときにちょっとサーバ立てるのになんだかんだ使ってます。

とりあえずやって不要なら壊す。既存の環境や社内サーバのリソースを意識しないで
気軽にいじることができるのは精神的にとても健康的な手段だと思ってます!

ただ、AWSをやっていて気にするのが「料金」。
1時間あたりが安くてもやはり常時起動しっぱなしだと塵が積もってそこそこの金額になりますよね。
遊びで利用しているとな放置していると意味もなく使用量が積重なってしまい罪悪感が結構あります。

不要なときに止めればよし、と思うのですがどうしても忘れてしまうんですよね。よくやらかしてました。
料金がかかってしまうと気軽に使えなくなってしまったり、上からの目につけられてしまいます。

みんなが安心して使える工夫をしたいですよね。

上記の問題を解決するために、
現在、特定の時間になったら自動的にインスタンスを停止するように1台のEC2サーバからシェルを実行してます。
今回のはそのノウハウを共有したいと思います。

■EC2の自動停止

やりたいことは下記

  1. EC2のインスタンスを一定時刻で自動で停止させたい。
  2. 停止したことを通知したい。(Webhook)
  3. 常駐起動用のインスタンスは停止させたくない。(ホワイトリスト化)
  4. なるべく低コストにしたい。

実現方法は下記

  • AWS CLIインスタンスの状態を取得、停止する。
  • 常駐起動のEC2にCRONを設定して、一定時間で停止させる
  • Webhookはcurlで送信

 

やっていることはだいぶ単純です。
AWS CLIインスタンスの一覧取得コマンドを実行、その後、起動中のものに関して、停止コマンドを実行
その際に、インスタンスIDでホワイトリストを用いて判定する。
そして結果を対象のWebhook先の形式に併せてCurlするだけです。
ポイントは

  • AWS CLIを流れるように設定を行うこと。
  • AWS CLIの戻り値をJSON形式に設定すること。
  • jqを利用するとバースなどのJSONの処理がコマンドで簡単に扱える。

以下にサンプルコードを記載します。

#!/bin/sh
#停止させないIDをパイプ区切りにする
WHITE_IDS="i-test|addmore"
TCR_URL=WEBHOOKURL

################################## 
##[起動中のインスタンスIDの取得]
################################## 
#InstanceStatusesの配列の中からInstanceIdとInstanceState.Nameを取り出す。
STS_MAP=`aws ec2 describe-instance-status | jq -r '.InstanceStatuses[] |  { (.InstanceState.Name ): .InstanceId}'`

#起動中のインスタンスIDのみ取り出す
IDS=`echo ${STS_MAP} | jq -r '.running'`

################################## 
##[メイン処理]
################################## 
## 指定EC2インスタンスの停止(stop).
if [ -n "$1" ] && [ $1 = '--stop' ] ; then
    for ID in $IDS; do

        if  `echo ${ID} | egrep -q ${WHITE_IDS} ` ; then
            echo "whitelist.ignore.: ${ID}"
        else 
          echo "stop instance:${ID}"
          aws ec2 stop-instances --instance-ids ${ID}
          curl -X POST --data-urlencode "payload={\"text\": \"AWSステータス[${DSTR}]:起動中のインスタンスを停止しました(${ID})\"}" $TCR_URL
          ## レスポンスの出力用の改行
          echo ""
        fi
    done;
else
    if [ -z "$1" ] ; then
        echo "argument is required( --start / --stop ). nothing to do."
    else
        echo "argument is invalid. valid argument is --start or --stop."
    fi
fi

これで安心してAWS(EC2)を楽しみましょう!


停止の他に、自動起動や状態確認の処理を加えたサンプルをGithubに載せてます。
よかったら参考にしてください。

github.com

参考サイト:

dev.classmethod.jp

 

書いた人:飲み会大好き 内山

f:id:yasuaki-sakai:20170502104218j:plain

日比谷オクトーバーフェスト2017 ~SPRING~

f:id:yasuaki-sakai:20170607121156j:plain

こんにちは、ドイツビール大好き 吉田です。
先日、日比谷公園で開催されたオクトーバーフェストに、会社の仲間たちと行ってきたのでそのレポートをしたいと思います。
ちょっと前にも似たような記事を見たと言う方、決してデジャヴではありません(笑)

■会場

今回の会場は皇居近くの日比谷公園の大噴水付近です。
日比谷公園の全体が以下の感じで、赤く囲ったところが会場になります。

f:id:yasuaki-sakai:20170607121619j:plain

改めて思いましたが日比谷公園って広いんですね。
会場図は以下になります。

f:id:yasuaki-sakai:20170607121700j:plain

今回は画像で言うと大噴水の左側、ステージとは反対側の席に陣取りました。

■ビール

さて、では飲んだビールのご紹介です。
ヴァイエンステファン ヴィタス

f:id:yasuaki-sakai:20170607121819j:plain

現存する世界最古の醸造所ヴァイエンステファン社の最新商品だそうです。
「通常の白ビールの2倍濃い!」との紹介通り、アルコール度数も7.7%とビールにしては高めです。
でもヴァイツェンの名の通り口当たりはやさしく、後からしっかりアルコールを感じられるビールです。

アインガー ヴァイツェンボック

f:id:yasuaki-sakai:20170607121943j:plain

ワールドビアチャンピオンシップ2010で金賞を受賞したビールだそうです。
しかも日本初上陸!
こちらもアルコール度数は7.1%と高めですが、香りと味わいはそれを感じさせずグイグイいけちゃいました。

クロンバッハ ヴァイツェン

f:id:yasuaki-sakai:20170607122008j:plain

「いわゆる”ピルスヴァイツェン”とも呼べるビール」だそうです。
確かに普通のヴァイツェンよりもキレが有り、黄金色に近い色合いです。
暑い日に外で飲むのに抜群な一杯でした!

■特別ゲスト

今回はKむらさんがワンちゃんを連れてきてくれました!

f:id:yasuaki-sakai:20170607122030j:plain

可愛くて皆さん癒されてましたよ!

■まとめ

と言うわけで今年2度目(個人的には3度目)のオクトーバーフェストの紹介でした。
これからはビアガーデンも盛り上がってくるので、そこら辺参加したらまたレポートしたいと思います。
ドイツビール最高!

書いた人:デジタルサイネージチーム 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain

EthereumにPHPから接続してみた その2

f:id:yasuaki-sakai:20170405150908j:plain

こんにちは、デジタルサイネージチームの吉田です。
先日、弊社はブロックチェーン関連でプレスリリースを発表いたしました。
今回は実証実験ですが、それ以外でもブロックチェーンのご相談が有りましたら是非ご連絡ください!

さて、本日は以前書いた以下の記事の続きになります。

denen.hatenablog.com

前回は環境構築から始まり初歩的なAPI呼び出しまでを行いました。
今回はAPI周りをもう少し掘り下げていこうと思います。

<トピック>

  1. 前回の補足
  2. APIの種類について
  3. PHPからの呼び出し
  4. 最後に

1. 前回の補足

前回、geth の起動オプションの説明をしましたが、 --rpcapi の説明が抜けていました。
このオプションは API で受け付ける HTTP-RPC インターフェースの種類の指定となります。
インターフェース名はカンマ区切りで記述する必要があり、特に指定が無ければ "eth,net,web3" という設定とみなされます。
ちなみにこのオプションで指定できるインターフェースは admin, debug, eth, miner, net, personal, rpc, txpool, web3 になります。
前回の起動オプションでは以下の通り記述しており、標準のインターフェース以外に personal を使用するよう指定しています。

--rpcapi "eth,net,web3,personal"

2. APIの種類について

先ほどの説明で少し触れましたが、APIにはいくつか種類があります。
大きくはインターフェースで分けられ、{インターフェース名}_{メソッド名}という形で定義されています。
APIの説明は wiki を参考にしていただければと思いますが、インターフェースにより記載されているURLが異なるので注意が必要です。
web3, net, eth 系のインターフェースは https://github.com/ethereum/wiki/wiki/JSON-RPC に記載されています。
admin, debug, miner, personal, txpool 系のインターフェースは https://github.com/ethereum/go-ethereum/wiki/Management-APIs に記載されています。

3. PHPからの呼び出し

さて、APIの概要もわかったことなので、今回もAPI呼び出しをしてみましょう。
前回は eth 系を使ったので今回は Management-APIs の personal を利用してみます。
と、ここで前回利用した ethereum-php の ethereum.php のソースを覗いてみると、 Management-APIs 系の function が無いのに気付くと思います。
このままでは personal 系の API が利用出来ないので少しソースをいじってみましょう。

今回は personal インターフェースの newAccount メソッドと unlockAccount メソッドを利用してみたいので、以下の記述を追加します。

function personal_newAccount($password)
{
    return $this->ether_request(__FUNCTION__, array($password));
}

function personal_unlockAccount($address, $password)
{
    return $this->ether_request(__FUNCTION__, array($address, $password));
}

追加するのは Ethereum クラスの一番最後でいいでしょう。
※他のクラスの記述もあるので、記述場所を間違えないよう注意してください。

ちなみに personal_newAccount はアカウントの追加処理になります。
前回コンソールから使用しているのでなんとなくイメージはつくでしょうか?
もう1つの personal_unlockAccount はコインの送金等を行う前に必要な処理になります。
こちらに関しては次回以降で詳しく説明したいと思います。

それでは改めて API を実行していきましょう。

$ cd /home/yoshida/php-eth/
$ ls -l
ethereum.php json-rpc.php test.php
$ vim test2.php
<?php

require_once 'ethereum.php';
$ethereum = new Ethereum('localhost', '8956');
print_r($ethereum->persoanl_newAccount("password"));

今回は test2.php というファイルに記述しました。
こちらを実行してみます。

$ php test2.php
0xf40ccb0f626ce3f6058bd911ddc4013eaa6e4167

はい、アカウントが作成され、アドレスが返ってきました。
せっかくなので前回作った eth_accounts を実行するスクリプトも叩いてみましょう。

$ php test.php
Array
(
[0] => 0xb83fa0d1c6b34a42f900cca5a32400c3b6f69f4b
[1] => 0xf40ccb0f626ce3f6058bd911ddc4013eaa6e4167
)

こちらもアカウントが増えているのが確認できましたね。

4. 最後に

今回は少し短めでしたが、PHPからのAPI呼び出しに関しては理解が深まったのではないでしょうか?
とはいえまだまだ説明出来てない部分も有るので、次回は送金の辺りを説明したいと思います。

それではまた次回(おそらくビールネタで)お会いしましょう!

書いた人:デジタルサイネージチーム 吉田

f:id:yasuaki-sakai:20170405150919p:plain